言語聴覚士は定期的なセミナー出席が望まれます - 作業療法士のセミナーについて

言語聴覚士は定期的なセミナー出席が望まれます

subpage01

ケガや病気による障がいで、体の動作が不自由になった時には、作業療法士や理学療法士などのサポートが必要になります。


しかし、脳や神経に障がいが発生し、言葉を扱うことが不自由になった時には、通常のリハビリテーションでは対処できません。



言葉を発したり、言葉を認識することが難しくなった場合は、言語聴覚士によるサポートが必要です。

言語聴覚士は、言葉の扱いだけではなく、嚥下に障がいが出たときにも、リハビリのサポートをします。
言語聴覚士になるためには、文部科学大臣が指定している大学や短大か、都道府県知事が指定している養成学校を卒業することが必要です。

また、国家資格の一つですが、受験をする必要はなく、指定されている学校を卒業することで、資格を取得できます。また、大学に入学すると、医療や介護の方面だけではなく、他の科目の講義も、受講することができます。

言語聴覚士は、比較的新しい資格であり、技術や知識は非常に速いスピードで発展しています。



そのため、学校を卒業後も、セミナーなどで学習を続けることが望まれます。


セミナーには、様々な種類のものがあり、技術的なものから、運営者視点を手に入れることができるものもあります。

また、作業療法士や理学療法士など向けのセミナーに出ることで、違った分野の知識を取り入れ、多角的なリハビリテーションができるようになります。

言語聴覚士は、患者の社会復帰にとても重要な仕事であり、技術の向上を続けることが推奨されます。