作業療法士のセミナーについて

main-img

作業療法士と言えば、手先を使う作業を通して、何らかの疾患を持つ人の心の発散をさせたり、身体の可動域を広げたりする専門職です。



そのため、活躍の場も幅広く、高齢者施設から精神科領域にまで及びます。

しかし、その分、幅広い専門知識も要求され、現在では様々なセミナーも行われるようになっています。



作業療法士のセミナーとしては、本来の専門領域である作業について学んだりします。

近年では利用者に実施する刺し子や羊毛フェルトといった定番のものに加え、UVレジンといったものも加えられるようになりました。


UVレジンは器具さえ揃えば、簡単に取り組めるだけでなく、作品自体も透明できれいなものに仕上がるので利用者からの人気も集めるようになってきています。そのため、作業療法士のセミナーにおいてもUVレジンが取り上げられることも多くなっています。


また、近年、精神科領域で働く作業療法士が増えてきている背景もあり、精神科特有のプログラムについて学ぶセミナーも増えてきています。



例えば、アルコールや薬物といった依存症を持つ人を対象とした心理教育プログラムのやり方だとか、統合失調症や気分障害といった精神疾患の疾病教育のやり方を学ぶ機会も増えてきています。

いずれにしても、利用者のニーズも変化してきている他、多くの作業療法が開発されてきていることもあり、率先して作業療法士を対象としたセミナーに参加し、新しい専門技術を取り入れていく必要はあるでしょう。

また、他専門職が集まる場合には、そこで職種を超えた意見交換を行うとより意義のあるものにもなります。


作業療法士セミナーの意外な事実

subpage01

作業療法士とは、心や身体に傷を負ってしまい、日常的な生活をするためにサポートを必要としている患者さん達に対して、基本的な運動能力や応用的な動作の維持・改善を手助けする専門家です。様々な作業を通じて、患者さん自身の「自分らしさ」を取り戻し、社会とのつながりを気づくお手伝いをすることがとても重要になってきます。...

more

言語療法士セミナーが気になる方

subpage02

言語聴覚士のセミナーでは、言語障害・音声障害・嚥下障害など話したり、聞いたり、食べたりすることで障害を持たれる方のサポートや治療、訓練などどう展開するかの講義などを受けることができます。人間は口から食べたり飲んだりして命を繋ぎますが、他にもコミュニケーションをとる上でも必要な器官であるため、それは生きていく上でも必要な存在です。...

more

読めば解る言語療法士セミナー

subpage03

言語聴覚士の仕事は様々な場所で言葉の不自由な人と健常者との会話をサポートする非常に重要な仕事です。最近では高齢者が非常に増えており様々な理由で自分の意思を正確に伝えることができない状態になってしまっている人も非常に多くなっているため、病院や介護施設において自分の希望や状態を明確に表現することができない場合、第三者のサポートを受けてその意思を明確に伝えることが非常に重要になっています。...

more

言語療法士セミナーの補足説明

subpage04

ケガや病気による障がいで、体の動作が不自由になった時には、作業療法士や理学療法士などのサポートが必要になります。しかし、脳や神経に障がいが発生し、言葉を扱うことが不自由になった時には、通常のリハビリテーションでは対処できません。...

more