作業療法士のセミナーについて

subpage01

作業療法士とは、心や身体に傷を負ってしまい、日常的な生活をするためにサポートを必要としている患者さん達に対して、基本的な運動能力や応用的な動作の維持・改善を手助けする専門家です。



様々な作業を通じて、患者さん自身の「自分らしさ」を取り戻し、社会とのつながりを気づくお手伝いをすることがとても重要になってきます。

そのため作業療法士は、患者さんに適した多種多様なサポートの仕方を計画するための様々な知識が必要になってきます。
知識は、そのまま臨床の場に還元されることになるので、常に勉強が必要です。



そこで、知識の幅を広げるために多くの有用な情報を得ることができる最適な場が、セミナー(勉強会)です。セミナーは、日本各地でほとんど毎日のように、日本各地で開催されています。



セミナーの内容も多種多様で、あらゆる症状の場合の患者さんに対する対応の仕方や、基本的な知識の確認、実績を詰まれた著名な先生方のお話など様々です。

また、無料で実施されているものもあれば、数千円程度かかるものもあります。

セミナーは、実際に作業療法士として臨床の場で働いている方々の貴重なお話や、医療の現場を知り、学ぶことができるとても貴重な機会です。本やインターネットでの知識とはまた違った、生きた体験ができるはずです。
自身がどのような知識を深めたいのか、どのような作業療法士になりたいのか、自分の希望に合ったセミナーを探し、受講してみるとよいでしょう。